EDで悩む男性

1998年に男性を対象とした調査から見ると成人男性の4人中1人が「十分勃起しない、時々性行為が出来ない」と中等度ED又は、「勃起しないので常に性行為が厳しい」という完全EDです。あなたは大丈夫ですか?

EDも早期治療した方が断然良い!

EDを早期治療したいと頑張る男性

医療の現場ではいかに病気を早く発見するかどうかということが特に大きな課題とされていますが、これはEDにおいても同じことが言われています。なかなか人に相談しづらい症状であること、また一時的なものだと思い込んでしまいやすいこともあってEDの治療の開始はかなり遅れをとりやすい部分があり、本当にほとんど勃起出来なくなってから初めて病院に行ったという人も少なくはありません。しかしこうした形でEDの治療をスタートするのでは完治まで時間がかかってしまうことが多いため、EDも早期治療をした方が間違いなく良いのです。ではどうして治療の開始が遅くなるとだめなのかというと、まず第一に「EDは悪化することも多い」ということが挙げられます。特に精神的な重圧などが原因となって勃起が妨げられている心因性EDの場合は、勃起が出来ないという事実が続くことにストレスを抱えてしまい、それによって勃起がさらに難しくなるということが良くあります。肉体的なことが原因である場合もその原因が改善されなければいつまでも勃起が出来ない状態は続きますから、それによって心因性EDにつながってしまうことが多いのです。加えて妻や恋人などのパートナーがいる人の場合、性行為に満足出来ない時間が長く続くとその関係にヒビが入ることもありえます。さきほど述べたとおりこの症状はなかなか相談しづらいものであり、パートナーとなるとさらに打ち明けづらくなりますから「もう愛がなくなってしまった」と相手に誤解させる原因になることが極めて多いのです。放置していると良いことがないばかりか状況が悪くなってしまうことの方が多いですから、安直に問題ないと自己診断をするのでは無くまずは専門医に診てもらうようにしましょう。

自分だけじゃない?成人男性の4人に1人がED?

EDは自分だけではないと知りびっくりする男性

EDになったという人はあまり見かけないものであるため、ED患者の多くは「どうして自分だけ苦しい思いをしているんだ」と考えてしまいがちになります。他の病気、特に難病と言われるような病気を抱えている人もこうした思いを抱くことはあるのですが、しかしEDに限っていえば自分だけがなってしまったという考えのほとんどは勘違いなのです。これは単なる慰めでは無く、その根拠となるのがEDに関して1998年に行われた調査です。1998年の調査の結果では1130万人がED症状に悩んでいるとして報告が挙がっており、その内訳としては870万人ほどが常にではないものの時々性行為が出来ない中程度、260万人が常に性行為の出来ない重度に分類されるとなっています。中度よりも症状の軽い軽度が含まれていないことを考えると、2000万人近い成人男性がEDを抱えているというように判断することが可能です。またED患者の数自体は1998年から現在まで右肩上がりに増えているという報告もありますから、今の時代では成人男性の4人に1人か、それ以上の割合でEDを抱えているとして考えることができるのです。ではどうしてそうした話を聞かないのか、それはこの症状が極めてプライベートなものだからです。症状が軽いものであれば「年のせいか」と冗談目かして言うことも出来るでしょうが、症状が重くなるとそれはもう人に軽々しく話せないプライベートな悩みになります。そのためこうした話がほとんどで内容になっているわけです。「自分だけが苦しい」と思い込むと精神的な抑うつ気分によってさらに症状が悪化することにもつながりかねませんから、「みんな苦しんでいるから自分だけではない」と考えて根気強く治療に取り組むようにしましょう。

EDは治るもの!病院に行ったり治療薬服用で治す!

EDの治療薬を服用する男性

EDは治療できるものであるため、男性機能が不全になってしまった時にはまず自身がどのような状況に置かれてしまっているのかを医師の診断のもとにきちんと判断してもらう必要性があります。基本的に、ED治療薬は病院で薬を処方して貰う方法を海外のジェネリック医薬品を購入する方法の二つがありますが、安全性を考慮するのならば日本国内の薬を服用したほうがはるかに安全なので、特に初めて利用する時には必ず病院で薬をもらうように心がける必要があります。そもそも、海外で薬を購入してその薬が偽物であったような場合であっても、薬を服用することで誰かが責任をとってくれることはまずありません。全て自己責任と自己負担で薬を服用して効果を体感しなくてはいけませんので、やはりこの点から言っても日本国内の病院で薬を処方してもらうことが一番です。個人で海外から薬を購入した時には日本国内で薬を処方してもらうように問診をして正規の手続きで正規品を購入するわけではないので、責任や保証に関して期待することは出来ません。海外メーカーに対して訴えることも不可能ではありませんが、日本国内とは法律そのものが異なるのでそのようなことをしても意味がないことがほとんどです。そのため、海外からジェネリック医薬品を購入してそれを服用することは必ず自己責任で行う必要があります。それが出来ないのならば、安全性が極めて高い国内の正規品を利用することが大切です。薬も一つの種類ではなく患者によって使いやすいものとそうではないものがあります。身体にあまり負担をかけなく無いと考えている人はそうした薬の効果が小さいものを処方してもらえば良いので非常に使い勝手が良いと言えるのです。

◎EDを早期治療するならこの医薬品
タダリスSXの服用方法
◎勃起増大の効果が長時間効くED治療薬をお探しなら
シアリス20mgで勃起増大
◎サイズに不満の方には精力剤をおすすめします
精力剤