EDで悩む男性

1998年に男性を対象とした調査から見ると成人男性の4人中1人が「十分勃起しない、時々性行為が出来ない」と中等度ED又は、「勃起しないので常に性行為が厳しい」という完全EDです。あなたは大丈夫ですか?

ED治療薬の連続服用で最強になるのか

ED治療薬は勃起不全を改善する医薬品です。
世界初のED治療薬であるバイアグラが1998年にアメリカで発売されてから約20年が経過しました。発売当初は誤解も多く危険な薬として認知されてしまいましたが、成分効能が認められた医薬品なので適切な利用をすることで高い効果を発揮し、もちろん安全に服薬することができます。

では、なぜ危険な薬とされてしまったのでしょうか。
そもそもED治療薬は1日1錠まで、24時間以内の服薬は禁止されています。にも拘らず、24時間以内に連続服用をしてしまう男性も過去には存在しました。ED治療薬は連続服用で最強になるわけではありません。強い副作用による健康被害にとどまらず、死亡する事例も確認されています。
その背景には、知識のなさから精力強壮剤や興奮剤などと混同してしまうことがあったためと思われています。当時はニュースでも報道され、正しい利用を促す注意躍起がされていました。
ED治療薬はれっきとした「医薬品」です。用法用量が決められており、過剰な服薬をすれば当然命にもかかわることを覚えておかなくてはならないでしょう。

さて、今では正しい情報を持って正しく服薬できているようになってきていますが、以前としてトラブルは少なくありません。
というのも、ED治療薬は保険適用外の医薬品なので病院で処方してもらうと高額になることから個人輸入で購入するケースが多いためです。個人輸入自体は認められているので利用自体には問題はありませんが、医師の診察を受けられないので独断での服用になり、また、個人輸入自体にリスクがあります。
支払いを済ませたのに商品が送られてこないならまだしも、偽物をつかまされる可能性もあるので十分に注意しましょう。